どんな人に効果的?

保湿成分として広く名前が知られるようになって来たシアバター。ハンドクリームやボディクリームだけでなく、シアバターをシャンプーに加えることで、その効果を試すことが出来る商品も販売されています。シアバター配合シャンプーはどういった人に向いているのか、そのメリットを紹介します。

シアバターの原産国である西アフリカの地域では、古くからシアバターはケガややけどに効く薬として使われていました。現在では、その優れた保湿効果と、天然由来で安心して使うことができるということで、様々な商品に含まれるようになっています。

シアバター配合のシャンプーは、髪や地肌の乾燥に悩んでいる人にお勧めです。また、頭皮の皮脂が少なく、乾燥したフケに悩む人にもお勧めです。いつの間にか肩に落ちてしまっているフケは目立つだけでなく、不潔な印象を与えてしまいがちなため気にしている人も多いと思います。シアバター配合のシャンプーを使うことで、シアバターの持つ保湿効果によって乾いた頭皮に水分と油分を補ってあげることができます。

シアバターは天然由来の成分のため、シャンプーも体にやさしいものを使いたいという人や、肌が弱い人赤ちゃんでも使える商品もあるため気になるものがあればチェックしてみましょう。

シアバターの効果

シアバターは近年ボディクリームハンドクリームなどに保湿成分として含まれるようになった素材です。元々はシアバターノキと呼ばれる木から取れる果実の胚(種の中にある部分)から取られた植物性油脂です。原産国はナイジェリアやマリなど西アフリカの国で、それらの地域では昔から食用として使われるだけでなく、薬やクリームとしても使われていました。

シアバターは天然由来の油脂であり、主な成分は肌に対する刺激が少ないオレイン酸や抗酸化作用のあるステアリン酸で構成されています。ビタミンEが豊富なため、酸化しにくい脂というところも特徴です。シアバターはその保湿力の高さから顔や体につける保湿クリームの成分としてよく用いられています。主成分のオレイン酸は皮脂の成分と同じ為肌にやさしく、少しこってりした使用感のステアリン酸は乾燥した肌の潤いを保つ役割をしてくれます。

シアバターの生産地では、古くからやけどや傷に効く薬として用いられるだけでなく、頭につけて白髪や抜け毛の予防にも使っていたと言われます。最近ではシアバターの保湿成分に注目し、シアバター入りのシャンプーも登場しています。髪や頭皮の乾燥が気になると言う人には、シアバターの保湿力でしっとりとした髪を目指してみると良いでしょう。

シアバターの成分

ハンドクリームやボディクリームなどに配合されたことで名前が知られることになったシアバターは、その保湿成分に注目が集まり、シャンプーにも配合されるようになりました。髪の潤いを保ってくれるシアバターは、西アフリカで栽培されているシアバターノキから取れる植物性脂肪です。

シアバターの成分は、そのほとんどがステアリン酸オレイン酸で構成されています。ステアリン酸はロウソクの原料にもなる物質です。オレイン酸はオリーブ油やチョコレートなどに多く含まれ、刺激が少ないことから化粧品やクリームなどの原料としても用いられています。どちらも天然由来の成分のため、その安全性は高いと言えます。原産地では古くから薬としても重宝していたようです。止血や消毒、傷の治療薬として、また白髪や抜け毛の予防薬にも使われていたと言われます。

シアバターは植物由来の油脂ですが、オイルではなくバターと呼ばれるのは、常温では固形で固まっていることからです。シアバターそのものを使う場合には、手の上などに載せると体温で溶かしながら用います。シアバター配合シャンプーの場合には、シャンプーに既に混ぜられている為、固まっているシアバターを溶かす必要はありません。

シャンプーの成分

髪の毛がパサパサしている、広がる、ツヤが無い、乾燥したフケができて困るなど、髪や頭皮についてのトラブルを抱えている人は意外に多いものです。最近ではドラッグストアやスーパーなどで販売されている市販のシャンプーや、ネット通販限定販売のシャンプーでも多くの商品が出回るようになりました。その中には、こうした悩みを抱えている人の症状を改善するための成分や、なりたい髪の質感に近づけるような成分を盛り込んだものも多く出ています。

ノンシリコンアミノ酸配合シャンプーなどが出回る中、保湿成分のシアバターを配合したシャンプーも販売されています。シアバターとはどういった成分か、またシアバターを配合することによってどのようなメリットがあるのか、当サイトではシアバター配合シャンプーについて紹介します。

シアバターとは、ナイジェリアやマリなどの西アフリカの国で生産されているもので、食用や薬として使われていた他、石鹸などにも用いられていたものです。日本でもハンドクリームやボディクリームに配合された商品が販売されているので名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

シアバターはアカテツ科のシアバターノキと呼ばれる、高さ15~20メートルくらいの木の種子から取ることができます。シアバターノキには、アボカドに似た実がなり、その中にはシアナッツと呼ばれる卵くらいの大きさの種子があります。その種子を割った中にある胚を加工することでシアバターができあがります。