シアバターの効果


シアバターは近年ボディクリームハンドクリームなどに保湿成分として含まれるようになった素材です。元々はシアバターノキと呼ばれる木から取れる果実の胚(種の中にある部分)から取られた植物性油脂です。原産国はナイジェリアやマリなど西アフリカの国で、それらの地域では昔から食用として使われるだけでなく、薬やクリームとしても使われていました。

シアバターは天然由来の油脂であり、主な成分は肌に対する刺激が少ないオレイン酸や抗酸化作用のあるステアリン酸で構成されています。ビタミンEが豊富なため、酸化しにくい脂というところも特徴です。シアバターはその保湿力の高さから顔や体につける保湿クリームの成分としてよく用いられています。主成分のオレイン酸は皮脂の成分と同じ為肌にやさしく、少しこってりした使用感のステアリン酸は乾燥した肌の潤いを保つ役割をしてくれます。

シアバターの生産地では、古くからやけどや傷に効く薬として用いられるだけでなく、頭につけて白髪や抜け毛の予防にも使っていたと言われます。最近ではシアバターの保湿成分に注目し、シアバター入りのシャンプーも登場しています。髪や頭皮の乾燥が気になると言う人には、シアバターの保湿力でしっとりとした髪を目指してみると良いでしょう。